2017年第1四半期スマートフォンシェア、SamsungがApple抜いて首位になる

調査会社Trendforceが現地時間4月11日に公表したデータによると、2017年第1四半期(1月〜3月)のスマートフォン生産台数で、AppleよりSamsungがトップになるです。しかも面白いのはSamsungがフラッグシップモデルのGalaxy S8発売前と報じします。


まだ2016年に世界的リコールを引き起こしたGalaxy Note 7の発火・爆発のせいで消費者やユーザーの信頼を取り戻すまだ時間かがると言いますが、

低価格モデルやミッドレンジモデルが比較的好調で、主要スマートフォンメーカー中、唯一シェアを伸ばしたSamsung会社の貢献が著しいです。

Samsungのほか、LGやHuaweiは、各社のフラッグシップモデルの発売を開始していますが、今年はApple会社10周年【iphoneX】への期待が高まっているの原因で、

今後は「iPhone8」を中心にスマートフォン市場が動くことになりそうですからAndroidスマートフォンの高級モデルは販売が減少する傾向があるとTrendforceは予測しています。




iPhoneの生産台数データによると、2016年第四半期の20.3%から16.9%へと減少しています。

Trendforceは、3月に投入された(PRODUCT) REDスペシャルエディションの効果で、落ち込みが緩和された結果とみています。

ちなみにブラック引き続きは今流行れるの赤色レッドのiphone7/7plusを発売した、一定程度の効果があると思います。

また、iPhoneの販売は、「iPhone8」の発売が見込まれる9月を含む第3四半期に向けて、第2四半期にも低調が続くと予測されています。




商品のレビュー

0コメント数

コメントがありません