既に量産が始まるか?最新iPhone8のディスプレイ画像が流出

iPhone8関連情報を次々と公開しているベンジャミン・ジェスキン氏は、またiPhone8のディスプレイパーツとされる写真を公開しました。

運送会社の検査担当者からのリーク情報によると今回ベンジャミン・ジェスキン氏が公開したiPhone8のディスプレイ部品とされる写真には本社名乗る人物からのメッセージが添えられています。この写真は白いベゼルのディスプレイが保護専用のケースに収まる、ホームボタンがなく、ベゼルが細く、レシーバー部分のデザインが異なることがわかりやすいから、今までのiPhoneシリーズとは違うものの、iPhone8に搭載されると噂の3Dセンサーらしきあなは見当たりません。



写真の提供者ベンジャミン・ジェスキン氏からのメッセージの詳しく内容と:

  •  バッテリーを含む荷物の安全検査をしていると、iphone8背面にTouch IDセンサーのついた量が多くになる。
  •  ディスプレイ、チップ、コード、ケースなど様々な部品類が目に入る。
  • 写真を撮影するのは難しいが、監視が比較的ゆるいエリアで何とか撮影した。
  • 写真のディスプレイ部品は数週間前から届きはじめ、かなりのスピードで増えている
  • 荷物のラベルを見ると、毎日多くのiPhoneのディスプレイが、アジアのAppleサプライヤーからAppleに送られていく。

写真流れの情報によると、これはiphone8生産ラインには少量生産のテスト品ではなく、さらに量産品と考えられると見込んています。

商品のレビュー

0コメント数

コメントがありません