Touch IDを埋め込む技術な問題でiPhone8の発売期日が大幅遅れるか?

2カ月ぐらい発表する予定のiPhone8は、有機EL(OLED)ディスプレイにTouch IDを埋め込む技術な問題を解決できていない、とするレポートを、KeyBanc Capital Marketsのアナリスト、アンディー・ハーグレイブズ氏らが発表しました。そうするとiPhone8発表が大幅な遅れか?

OLED埋め込み式Touch IDに精度と速度の問題

iPhone8の試作機で見ると、OLEDディスプレイに埋め込んだTouch IDは、指紋認証の精度、速度ともに現行モデルのTouch IDの精度や速度に慣れたユーザーを満足できないみたいです。

Apple会社は、遅くとも8月には指紋認証センサー用のチップを発注する必要があるます。もしこのタイミングを逃したら、iPhone8にはTouch IDが搭載出来るかというか、また発売にも大幅に遅れか、とハーグレイブズ氏らは指摘しています。

レポートでハーグレイブズ氏らは、指紋認証センサー用チップの発注が遅れているの場合には、以下述べる情報かも。
  • 指紋認証センサー用チップは、iPhone8のフル生産開始の12週間前には発注されると予测がある。
  • Appleが8月になる前にチップを発注した場合、iPhone8のフル生産は10月下旬から11月上旬になる可能性がある。そうしたらiPhone8発表が大幅な遅れになる。
Apple Payに対応できない顔認証と
仮に、iPhone8にTouch IDを搭載せず、ログインと認証を3Dセンサーによる顔認識だけに切り替えることは、Apple Payの使用に問題が生じるかもしれません、と考えます。顔を正確に認識するには、複数の角度からの認識能力や、暗い場所でも動作することが求められ、仮に読み取り失敗率が5%だとしても、ユーザーは1日に何回も顔認証をやり直す必要があり、ユーザーからの反発を招くのは問題のひとつです。
なお、現時点でApple Payを顔認証だけで行うのは現実的ではなく、iPhone8をApple Pay非対象とするとは考えられないことから、iPhone8の発売が遅れるのは避けられないのではないか、と予測されています。
 




商品のレビュー

0コメント数

コメントがありません